40代でタイ移住の期待と不安。後悔しないよう仕事やビザ、犬や小学校など確認していく

f:id:affmk253:20210409140359j:plain

都内で働く普通の40代会社員ですが、家族(小学生と犬も)とバンコク移住をマジメに考えています。仕事や滞在ビザや、日本人小学校、ペットOKの物件など、疑問に思い調べた内容をここでまとめていきたいと思います。条件は以下で検討中。

40代夫婦&小学生&犬で移住。
ビザは現地採用で取得かエリートビザ。
子供はバンコク日本人小学校に。

学校:バンコク日本人小学校

タイ国内には、バンコクとシラチャの2か所、学校がありますが、シラチャ校はパタヤに近いエリアなので、ほとんどの方はバンコク校での検討になるかと思います。

バンコク日本人小学校の場所

アソークやトンローなど都心部で日本人が多く住んでいるエリアからは北にあります。通学はスクールバス。以下のmapをご参考まで。

f:id:affmk253:20210409104308p:plain

参照元:バンコク校

バンコク日本人学校の学費

初年度は、ざっくり100万円ちょっとかかります。まあ、私立なんでこんなもんですかね。他の国の日本人学校もだいたい同じくらいです。

・入学金 160,000バーツ【557,559円】
・1学期(4月~8月)58,400バーツ
・2学期(9月~12月)58,400バーツ
・3学期(1月~3月)29,200バーツ
・4~3月合計:146,000バーツ/年 【508,541円】  


※1バーツ:3.48円で換算してます。

参照元:学校HP  https://www.tjas.ac.th/konokin

入学に必要なビザについて

入学手続きには当然長期の滞在ビザが必要になります。
入学する多くの方は、日本からの駐在員か現地採用で就労ビザを取得していると思いますが、学校の就学規定を見ると「ツーリストビザ以外」が必要とあるので、タイランドエリートビザでも入学は可能です。

レアケースかもしれないですが、私はタイでの現地採用が厳しかった場合は、タイランドエリートビザを取得し(家族3人で400万円弱・・)日本の会社とのリモートワークをバンコクでも行い、数年間の滞在が出来ないかも含め考えています。

※就学規定:
第2章  入学・編入学要件および在籍要件
第3条  本校に入学・編入学する場合、以下の要件を満たさなければならない。また、児童生徒の本校在籍中も同様とする。
(1) 児童生徒本人が、日本国籍を有すること。または日本国籍に準じると学校理事会が認めること。
(2) 児童生徒本人および保護者が、ツーリストビザ以外でタイ国に適法に滞在していること。 https://www.tjas.ac.th/unei

 

f:id:affmk253:20210409140503j:plain

スクールバスについて

あと、上記の学費以外にも、実は必要な費用として「小学校通学のスクールバス代」があり、わりと高いです。最初試算に入れてなく気づいた時はちょっとへこみました。日本みたいに徒歩で通学ってわけにはいかないですので必要経費。

ちなみにそのスクールバスは「モントリ―社」という民間のバス会社に委託しているようですが、金額がバス会社のサイトに見当たらずでした。(バス会社:MONTRI : Safe & Reliable) 

色々検索していると「1ヶ月 8,500バーツ(3万円弱)」と書かれている方がいましたので、ざっくり月3万円ほどはバス代がかかると思っておけばよいようです。

 

小学校のスクールバスは送迎エリアが以下に決まっているので、必然的に住むエリアは限定されます。日本人が多いエリアですね。(家賃は当然高め)

主なバスの送迎エリアは・・
プロンポン・トンロー・エカマイを中心としたスクンビットエリアが(ソイ 1からソイ 63 付近までの奇数・偶数ソイ)になっています。


日本人が元々多かったので送迎エリアが決まったのかと思いますが、そのエリアに駐在員の方たちは集中するのでさらに増える、、という連鎖なのかと思います。トンローあたりは日本人だらけのマンションも多くあるみたいです。 

 

仕事:現地採用か駐在員か、それとも?

先に書いた小学校入学には、長期滞在ビザが必要です。一般的な流れである「就労ビザ(ワークパーミット)」を取る選択肢は2つです。 

・日本から駐在員としてタイに赴任する
・地元タイの企業や日系企業などに現地採用枠で採用

タイの現地採用について

私は英語が堪能なわけではないので、前者の駐在員の路線は諦めましたが、給料や家賃補助など待遇が全然駐在員のほうが良いので、可能な方は駐在を狙っていったほうがいいのかと思います。

英語はあまり使わず、WEBマーケっぽい仕事の求人」がないか、いくつかのサイトで探し、エージェントにも相談してみましたが、募集はとても少ないです。

エンジニアや開発のPMはまだ募集はありそうですが。日本国内なら山ほどあるのに、、

ちなみに参考にした就職サイトは以下など。他にもリクルートエージェントなどもありますのでいくつか見てみるといいかと。

カモメアジア転職

ABROADERS CAREER


また、見つかった場合も、給与水準は、5万~10万バーツが相場です。月に30万円前後。1人暮らしなら余裕かなと思いますが、子連れ+犬で生活を考えると結構きびしいレベルです。 


一応、英語不問の求人もありますが、(雑誌の編集とか)だいたい月5万バーツとか、なかなか厳しいですね。日本人の法定最低賃金は5万バーツらしいです。BKK都心部の家賃はかなり高額なので「家賃+学費+光熱費」で終了、という感じです。

バンコクに住み日本の会社とリモートワーク

現地採用が厳しい場合、まだ上手くいくか(可能か)わからないですが、タイランドエリートビザを取得してバンコクに滞在しながら、日本の会社とリモートワークで仕事をする。(※納税などは日本で)という選択肢が現状では一番現実的かなと思っています。

 

この1年、コロナ禍でリモートワークが進み本業・副業ともにほぼ100%リモートなのでどうにかなりそうな気がしています。

ただ今勤めている本業の会社では、国外に住みながら働くというのは恐らく認められないので、可能な小さな会社に転職か、個人事業主の仕事のみでフリーランスになるような形になるのかもしれないですが。検討中です。

住宅:バンコク都心のペットOK物件

ペット(小型犬)が可能な物件を不動産サイトでいくつか見つけました。
一応予算として考えている10万円前後(3万バーツ台)だと全然ないかな、と思っていましたが、意外と物件はありました。築は古かったりしますが。

トンロー駅15分 (1bed 34500THB)

ピーアール コート 物件画像 

PR Court(ピーアール コート)|バンコクのお部屋探しは仲介手数料無料のディアライフにおまかせ。


1つ目、この「PR court」は、日本人が多いエリアのど真ん中で、トンロー駅から15分くらいのところで、料金は1ベッドルーム(77平米~)34,500B〜とのこと。
ざっくり10万円くらい。2015年築で古くなく場所を考えると結構ねらい目なのかなと思いました。

トンロー駅10分 (2bed 35000THB)

f:id:affmk253:20210409122527p:plain

The Kaze 34 (ザ カゼ34) - タイバンコク不動産(賃貸)nayoo

もう一軒は、トンロー駅10分の物件。少し駅近になりそうなものの、やや狭いので、もしここなら2ベットで35,000B~の部屋を検討したいところ。

・1ベッドルーム 42~46平米 28,000B~31,500B
・2ベッドルーム 50平米 35,000B~

参照元:The Kaze 34 (ザ カゼ34) - タイバンコク不動産(賃貸)nayoo

 

費用:バンコクの生活費を試算

上で書いてきた条件で移住するとして、タイでの生活費はだいたいどれくらいかかるのか、書き出してみました。(転職エージェントの担当者からヒアリングした一般的な内容で保険料などは反映)

・35,000THB  家賃
・2,000THB  水道・光熱費
・3,000THB  通信費
・2,000THB  交通費
・20,000THB  食費
・20,000THB  交際費他
・12,166THB  小学校の学費(※入学金は別途)
・8,500THB  スクールバス代
・10,000THB 所得税(10%:給与が10万Bだった場合)
・750THB  社会保険料 

・113,416THB 【合計】 → 394,317円

 

月ざっくり40万円くらいあれば、なんとかなりそうですが現地採用の場合の給料のみでは厳しいそうです。良くて30万円前後なので、月10万円くらいは足らない計算に。

きっちり現地で働く想定だとリモートでの副業もしにくいので、株式投資や不動産、アフィリエイトなど不労所得で確保しないとツライかなと思いました。このあたりがどうにか算段つけば、移住したいなと思っていますが、どうなるやら。

ちなみに、タイでは副業やリモートワードは導入している企業はほぼ無いらしいです。(偏見あるかもしれないですが)理由は、OKしたらタイ人は本業さぼるからだとか。笑 

国によって働き方は結構違いますね。 

裏技(自分でビザ取らないで入学)

日本人学校への入学には、長期滞在可能な就労ビザなどが必要と書きましたが、タイではなくマレーシアのコタキナバルの日本人学校であれば、就労ビザや長期滞在ビザは不要で、日本人学校に通えるそうです。

コタキナバルは小中学校あわせて生徒が10数人とかなり少人数で、つぶれてしまわないよう現地の日本人会が立ち上がり、学校側が保護者ビザを発行してくれるような動きになっているとか。

お母さんと子供で親子留学のような感覚で日本からいっている方もいるようです。

※こちらのサイトで紹介されていました。

保護者ビザも取れる!マレーシアの日本人学校一覧 | あさぶろ -シンママの海外移住計画-

コタキナバル、自然豊かでよさそうですが(完全にオランウータンのイメージしかない)子供の勉強やら日々の生活環境を考えると、ちょっと踏み込めないかなあとも思ったり。面白そうですけどね。

おしまい。

 

f:id:affmk253:20210409140633j:plain