1年間 abrAsus(アブラサス)の薄い財布を使った感想

f:id:affmk253:20201105094211j:image


スーツなどピッタリ系パンツの場合、
ポケットに財布が大きくて入らない、もしくは、
入れると膨らみ、手で持つのも不便、とお悩みの男性、結構いるのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するため、
abrAsus(アブラサス)の「うすい財布」を買い約1年、使ってみました。

今から買おうか迷っている方へ向けて、私の感想を書いておきたいと思います。 何かの参考になれば幸いです。 

先に結論を書いてしまうと、

小銭使いなど多少難はあるが、普通の財布には戻れないくらい良い!

というのが正直な感想です。

■目次

うすい財布のサイズ感と重さ。

まず、何も入れていない状態では、縦・横・厚さが 9.8cm x 9.5cm x 0.7cm。 

なんと厚さは7ミリ。

何も入れていないとはいえ、いきなり薄いです。

縦横もほぼ正方形の大きさなのでパンツの左右のポケットに入れても全然違和感がない形です。

 

また、その重さは 50 g。

よくあるカード入れや、名刺入れなんかよりも軽いです。

 

f:id:affmk253:20201105094238j:image

 

薄い財布の実際の容量は?

公式の数値

実際のうすい財布の容量が気になるところだと思いますが、

まず、アブラサスのサイトに記載している公証数値としては、、

  • カード5枚、
  • コイン10枚、
  • お札10枚、

入れて、その厚さわずか約13mm。

 

とのこと。

実際の体感(個人的な感想)

カードは、4枚でちょうどいい。
確かに5枚入るが、レジなど急な出しいれがきつくなる感じ。
私は、クレカ、pasmo、保険証、免許証しか入れてません。


コインは、使いやすいのは6-7枚くらい
10枚は詰め込めば入るが、小銭入れの部分は結構パツパツになってきて、出しにくくなる印象。pasmoかクレカ払いを多くしなるべく小銭は使わない生活に変えていった。


お札は、4-5枚くらいまでが使いやすい。
10枚は確かに入るが結構折りたたむときに、もっさりするようになってしまう。シンプルに使うなら4-5枚くらいで十分。ある程度の金額の支払いはクレカ払いに寄せればいいかなと。

※実際の使用している財布です↓。

f:id:affmk253:20201105094243j:image

 

利用して感じた「メリットとデメリット」

メリット

1番は、元々の悩みでもあったスーツなどぴっちり系パンツのポケットには財布が入らない、もしくは、入れると膨らみ微妙。。という悩みが解決したこと!
これにつきます。

入れてもシルエットが崩れず、とても快適。スマホと同じくらいの薄さなので、出かけるときも荷物が減りとても楽です。

あとは、ポイントカード類を処分したので、身軽になりました。Tカード、dポイントカード、や

デメリット

思っていたよりも容量は少ないです。
カード類は4枚に絞り、小銭は持たない生活に変えました。

2020年はコロナ禍で店舗の支払いも、非接触型でのpasmoやsuicaなどの利用が一層増えているので、そのあたりは結果オーライですが、わりとコツコツ貯まってしまう小銭の処理には困るときがあります。

小銭を使うため、専用の小さな小銭入れはアブラサスとは別に一応持ち、自販機などで小銭を使えるときはたまに使うようにしてます。

 

 

 

使い方次第で、メリットデメリットはありますが、おすすめしたい財布です。

 

おしまい。