ツナシマオトコです。

旅行やキャンプ、アウトドア、犬が好きな30代会社員の雑記。

《栃木の那珂川エリア》”子供とおもいっきり遊ぶ”おすすめスポット

f:id:affmk253:20180502134227j:image

ゴールデンウィーク前半、栃木県の東部、那珂川や鬼怒川エリアに遊びに行ってきました。子供と犬を連れての1泊2日、ムダ無く、ぐるっと一筆書きで周れるコースが割とよかったので簡単に書いておきます。ご参考まで。

ざっくり日程

■日程:1日目

 (遊び) なかがわ水遊園

 (風呂) まほろばの湯 湯親館

 (宿泊) キャンプ場サンタヒルズ

■日程:2日目

 (昼食) 道の駅 きつれがわ 
 (遊び) 鬼怒グリーンパーク

【目次】

なかがわ水遊園

f:id:affmk253:20180502135924j:image

※公式サイトから引用

住所は 栃木県大田原市佐良土 2686

那珂川の源流から下流を再現した水族館。なかでも子供たちは実際に生物とふれあえるタッチング水槽ゾーンが気に入ったようで、かなり遊んでいた。

ザリガニやヤドカリ、ヒトデに珍しいところだと人の皮脂を食べてくれるドクターフィッシュもいた。トルコとかの旅番組でよく見かけるアレだ。手の指を入れる穴があり、指を入れると魚が集まりパクパク皮脂を食べる。少しくすぐったいのが面白いのか子供たちは飽きずにずっとやっていた。

f:id:affmk253:20180502140148j:image

なかがわ水遊園でもう一ヶ所子供たちが遊んでいたのは水の広場。じゃぶじゃぶ池ですが、なかなかの広さでたっぷりと、じゃぶじゃぶして遊んでました。ちょうどゴールデンウィークから開始し、9月末までやっているようでした。

なかがわ水遊園、ありがたいのは大型連休だとゆうのに全く混んでいないところ。いや普段を知らないから比較したら混んでいたんだろうが、もし同じ触れる展示スペースや、じゃぶじゃぶ池が横浜の八景島シーパラダイスにあったら大混雑だろうな…。ほどよく空いててくれて子供たちはたっぷり遊びを満喫できました。

f:id:affmk253:20180502203741j:image

温泉 まほろばの湯 ”湯親館”

f:id:affmk253:20180502142019j:image

※公式サイトから引用

住所は 栃木県那須郡那珂川町小川1065番地

子供たちは、なかがわ水遊園で15時過ぎまでたっぷりと遊んだので、夜に泊まるキャンプ場に向かう途中にある温泉に。じゃぶじゃぶ池で全身ビショビショになったので、じゃぶじゃぶ池→温泉コースは予定してなかったですが結果的にかなり良かったです。

那珂川エリアに温泉は何ヶ所かありますが、今回は那珂川沿いにある まほろば温泉 湯親館に。泉質は、動脈硬化症・慢性婦人病・痛風などに効果があるとか。露天風呂に内風呂、サウナなど風呂は広く着替えスペースもゆったり。湯上りの畳の休憩スペースも広くとられていて綺麗。なかなか立派な施設でした。ここも空いてました、子供連れにはありがたい。。

キャンプ場 ”サンタヒルズ”

f:id:affmk253:20180502142416j:image

※公式サイトから引用

住所は 栃木県那須郡那珂川町三輪967

まほろばの湯 湯親館から車で20分弱。予約していたキャンプ場のサンタヒルズに移動。ここはテント泊エリアとキャビンと両方あり、キャンプ好きな方にはお馴染みの高規格な人気施設。ゴールデンウィークなのでなかなかの人気ぶり。ほぼ満室でした。

f:id:affmk253:20180502143643j:image

親たちが夕飯を作る間、子供たちは こどもの秘密基地 で遊びに夢中に。アスレチックや遊具はなかったですが、ここでしばらく遊んでいました。ブランコや滑り台など。泊まる施設により違うと思いますが、今回泊まったコテージには専用の水道やガスコンロまでありました。手軽にアウトドア気分を味わうには最高でした。ペット同伴でコテージ宿泊ok、花火も決められた場所でokと子連れ&犬連れの我が家に最高の環境でした。

f:id:affmk253:20180502202707j:image

余談ですが、朝食に作った カートンドック は大失敗。。カートンドッグとは…牛乳の空きパックにアルミホイルで包んだホットドッグを入れてパックごと燃やすんですが、開いたら見事に真っ黒焦げに。笑   まあそれも含めアウトドアの思い出ですかね。敗因はアルミホイルの巻き方だったらしい。少し空気が入るようにアルミホイルを巻くのがコツらしいです。次回のキャンプでリベンジしよう。

f:id:affmk253:20180502203622j:image

今回は時間の都合で参加できなかったですがサンタヒルズさんは、イベントも盛りだくさんなキャンプ場なのでお子さんと行くには良いと思います。キャンドル作り体験や、スイカ割りに流しそうめん、木工や山菜採りなどなど…年間通じて様々なイベントをやっているようです。夏はプールもあるとか!

今回はじめて泊まりましたが(コテージ泊)スタッフさんも親切ですし、トイレも綺麗だし、またリピートしたくなるとても良いキャンプ場でした。次回はテント泊もいいかなーと。

道の駅 きつれがわ

f:id:affmk253:20180502204128j:image

住所は 栃木県さくら市喜連川4145-10

サンタヒルズはam10:30にチェックアウトなので、鬼怒グリーンパークの方面に向かいつつ通り道にある道の駅 きつれがわに寄り道です。地元の野菜や川魚、パンにお菓子、お土産屋さんなど色々ありますが、1番の特徴は温泉がある点です。着替えてしっかり入れる浴場もありますが、気軽に利用できる足湯が道の駅にあるのはとても嬉しい!!

鬼怒グリーンパーク(宝積寺エリア)

f:id:affmk253:20180503130630j:image

※公式サイトから引用

鬼怒川沿いにある広い公園。都心ではありえない広さ!水上アスレチックがオススメ。子供は150円と超破格…。こんなアスレチック充実した公園が近くにあったら毎週末通ってしまいそうだ。子供たちかなり楽しんでいましたが小学一年生には少しハードかも。水に落ちたりするアスレチックもあるので。笑  親と一緒に周ってみて難しそうなアスレチックは飛ばしたほうが良いかも、小学生の中〜高学年の子たちが多かったかな。

鬼怒グリーンパークは、水上アスレチックの他にも変形自転車やローラースケート、ボートなど施設も色々あるので1日楽しめそう。アスレチックの後、子どもたちがしばらく遊んでいたのは川。カエルやアメンボをつかまえたり、とにかく虫取り網を振り回して遊んでました。普段はなかなか出来ない大自然のなかでの遊びをたくさん満喫できたみたい。

鬼怒グリーンパークは広くて最高な公園ですが、注意点としては、屋根がないのでカンカン照りの日には子どもは長時間はしんどいかも。簡易的なテント持参し休憩しながら過ごしてる方々が多かったです。園内には売店もあまり見かけなかったので、飲みものや食事も持参したほうがいいかもしれません。

栃木で遊ぶには、那須高原エリアの方も色々あって良いのですが、横浜方面から向かうのはなかなか遠くてしんどい…。那珂川周辺エリアなら栃木県南部の小山市あたりからも1時間程度と近いので行きやすく、実は子どもが楽しめるスポットもたくさんあることがわかりました。よければ是非行ってみてください。

おしまい。