ツナシマオトコです。

旅行やキャンプ、アウトドア、犬が好きな30代会社員の雑記。

≪コイン洗車場の使い方≫横浜の洗車場を紹介

みなさん、自家用車どこで洗っています?

自宅の駐車スペースで洗えたらいいんですが、うちは隣の車に隣接した狭い共同駐車場で水道は近くに無いです。そんなマンション暮らしの駐車環境では、だいたいガソリンスタンドの自動洗車機 か セルフのコイン洗車場 を利用される方が多いのではと思います。

自動洗車機は洗車キズがついたりすることもあると聞きコイン洗車場に行ってみることにしました。コイン洗車場、存在は知ってましたが初めて行くとなると利用の流れが想像できず結構初めてはハードル高いな…と思いました。そんな自分が初めて洗車場に行ったことなどを簡単に書いておきたいと思います。

洗車場でかかる料金は?

水を高圧洗浄でかけるだけならだいたい500円位から。5分間など分数でコースが色々設定されている。「高圧洗浄で汚れを流す→ シャンプーの泡が出る→ 高圧洗浄で最後洗い流す」のワンセットで700円くらいから。分数が増えたり、シャンプーの回数、ワックス、ポリマーなど内容によって値段は変わるがだいたい1000円くらい。

その他、強力な掃除機で車内清掃をしたり、お湯をバケツに入れたりで都度1回100円くらいかかる(もちろん使わなくてもいい)。なので簡単に洗って拭いて帰ってくるだけなら10,00円はかからない。

ガソリンスタンドなどの自動洗車機でも安いとそれくらいのところもあるので、どちらが良い悪いはないが、自動洗車機だと洗車傷などが出来る場合もあるので、手洗いにこだわっている方はコイン洗車場を使ったりするらしい。やや走り屋的な車のカスタムに情熱注いでいそうな方も洗車場では見かけた。普通に親子できていたり、キャンピングカーを熱心に洗う熟年夫婦、ファミリーカーをお父さんが1人で洗いにきていたり、と客層は様々だった。 

オカモト産業(CARALL) 液体カーワックス 車まるごとワックススプレー 2048

オカモト産業(CARALL) 液体カーワックス 車まるごとワックススプレー 2048

 

 

コイン洗車場利用の流れ

洗車場に着いたらまずは洗車スペースに停車。停車したらしっかり窓を閉めておく。高圧洗浄のホースがついた機械が車一台にひとつ設置されているので、好きなメニューを選びコインを投入。

ここで注意すべきは、洗車機のスタートボタン押すと高圧洗浄ノズルからいきなり水が噴き出しはじめるので、まずはノズルを構えて心の準備ができてからスタートボタンは押しましょう。※スタート後も一時停止可能だが急に水が出ると焦る。

 一回スタートしたら決められた時間配分で進めていきます。標準的な「水→シャンプー→水」コースを例に以下は記載します。

まずはタイヤなど汚れている足回りを高圧洗浄で流し、屋根やボディと汚れを吹き飛ばしましょう。これ結構快感です。笑 高圧洗浄のパワーで腕はかなり疲れますが。

車体やタイヤの汚れを流したら次はシャンプーの泡が同じホースのノズルから出ますので、まんべんなく車体に吹きかけましょう。表面の汚れならこれでokです。ただ、シャンプーを吹きかけるだけでは頑固な汚れまでは落ちないので、ひと通り車体にシャンプーしたら洗車機の一時停止ボタンを押して持参のスポンジで軽く車体を洗うとより綺麗に汚れは落ちます。

・・ちなみに私は初めての洗車機利用の時は、この一時停止ができずに、スポンジの手洗いできずに終わってしまいました。開始前のイメージって重要ですね。

最後は、洗い終わったら車を拭き取りゾーンに移動し、持ってきた布で綺麗に水滴を拭き取りましょう。待っている方の為にも洗車機ゾーンでそのまま水の拭き取りやワックスがけなどは厳禁です。マナー違反になるのでご注意を。 

シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30

シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30

 

 

洗車場に行くときの持ち物は?

f:id:affmk253:20171130094100j:image

ホームセンターで洗車グッズを買おうと売り場を見るが、ワックスや洗車シャンプーにスポンジ、ふき取り用の布などたくさんあり、自分が洗車場に行くとして「さぁ、いったい何が必要なのか?」と迷う。

結果、最低限必要だったのは「ふき取り用の布」くらいかなと思います。洗ったあとに水滴を拭くものが無いと、せっかく綺麗に洗っても水滴が車体に跡になって残ってしまうので、吸水性のよい布が1,2枚あるとよいと思います。古いバスタオルとかでも全然あり。車一台をきっちり拭くには、あたりまえだが小さなタオルではまかないきれないので。

その他、あった方がよいのは「洗う時のスポンジ」。棒つきのスポンジや様々ありますが個人的には車の屋根の上やボンネット、フロントガラスの上部など手が届きにくい場所も磨くなら長めの棒つきのヤツが使いやすいと思う。

本当は、車体用とタイヤ用とでスポンジは2つあるとよいですが、(タイヤ用のほうが汚れるので) 高圧洗浄機のノズルでタイヤを洗えばスポンジ洗いはしなくてもいいんじゃないかなと思う。高圧でかなり綺麗になるので。  

Gグリップ洗車スポンジ シャワー CS-32

Gグリップ洗車スポンジ シャワー CS-32

 

 

 

横浜市内のコイン洗車場を3ヶ所紹介

f:id:affmk253:20171127191855j:image

他にも横浜市内には洗車場は沢山あると思いますが、(ガソリンスタンドの洗車機なら各所ありますしね)  綱島エリアから比較的近いコイン洗車場について、備忘も兼ねて数カ所記載しておきたいと思います。お近くの方、ご参考まで。 

綱島ピカピカランド (綱島)

住所は、神奈川県横浜市港北区綱島西6-10-28

料金は以下のとおり。6分間は一次停止が可能。

f:id:affmk253:20171126200209j:image

とりあえず標準コースを選択して初洗車してみた。ノズルのパワフルな水圧で汚れを吹き飛ばす感覚は気持ちいい。ただ、ホースが絡まったり車の周囲をまんべんなく洗うのにやや手間どり、時間配分が微妙な感じ。6分間は割と短い。。

今回は利用しなかったが水汲むだけなら@10円と安く、冬はお湯が出るらしい。ゆっくり手洗い〜ワックスできる時間帯ならバケツの水(お湯)も使いつつ洗車したいなと思う。日曜の夕方5時台に行ったが激混み。週末の一番混むタイミングだからしょうがないとは思うが、この時間帯にはもう行かない…。キャンピングカーやバンなど大型車が多かったからかもしれないが。

入り口から敷地内に入れず車道に順番待ちの車が数台…。(自分含む)周囲にはご迷惑かけました。敷地内でもうちょっと待てるスペースあればいいんだけどな。裏の洗車後の拭き取りスペースには、何台分か余裕ありそうなので、敷地内の洗車待ちスペースの確保をお願いしたいところ。

不満も書いたが、綱島街道からすぐの立地はかなり良いので時間帯を変えてまた行ってみようと思う。朝7時から夜22時までやってるらしいので。 

コイン洗車 カーウォッシュマキ(都築区)

住所は、神奈川県 横浜市 都築区 佐江戸町2257

http://carwash.mkgp.jp/facilities/

4分間は一次停止可能。セルフ洗車するスペースに屋根はないので割と横の洗車の水のしぶきは飛んでくるかも。お互い様だが。晴れた日曜の朝9時はキャパ5台中、利用が2-3台と空いていた。ただ、水を汲むだけで100円はちょっと高く感じた。

強力な掃除機もあり、車体の洗車と一緒に車内も一度に綺麗に掃除できたのはよかった。場所はセンター南エリアからも車で10分位、綱島からはちょっと遠いが、センター南あたりで用事があれば空いた時間で寄るにはちょうどいい。川和町駅と鴨居駅の中間くらいの住宅も多いエリア。朝一だったので空いていたが週末など時間によっては混むらしい。 

ニューウイングパートワン洗車場(新羽)

住所は、神奈川県横浜市港北区新羽町1661

新羽橋のすぐ近く。よく車で前を通りかかるのですがまだ利用してません。次回機会あれば行ってみようかと思ってます。割と週末夕方通ると混んでる印象。まあどこも一緒かもしれないですが。

 

おしまい。

 

 

SOFT99 ( ソフト99 ) フクピカホイール専用拭くだけシート 00493

SOFT99 ( ソフト99 ) フクピカホイール専用拭くだけシート 00493