ツナシマオトコです。

旅行やキャンプ、アウトドア、犬が好きな30代会社員の雑記。

『ぼくらはみらいのたんけんたい』の歌詞が深い。希望という名の舟をこぐんだ

幼稚園の娘が最近歌っている歌。「ぼくらはみらいのたんけんたい」という歌、ご存知ですか? 歌詞が真っ直ぐすぎるほどキラキラで素敵です。聞いたことある方も多いと思いますが簡単にご紹介を。 

f:id:affmk253:20170704160208j:image

歌詞のなかで好きなフレーズが2つあります。

ひとつは、

ポケットにゆめをつめこんで
かがやくみらいへ さぁでかけるぞ

幼稚園児が一生懸命、 ”ポケットにゆめをつめこんで〜♪” と歌っている姿は、親としては微笑ましく、可愛らしくもあり「たくさんの夢を詰められるといいね」と思って聞いているとなんだか涙腺にきます。

 f:id:affmk253:20170704160224j:image

もうひとつ好きなフレーズが以下です。

あしたにむかってふねをこぐ
ぼくらはみらいのたんけんたい
きぼうというなのかじをとる

”希望という名の舵をとる”  、いいフレーズですね。

明日に向かって舟を漕ぐ、小さくも勇ましい探検隊の絵が浮かび、子供達が歌っている様子はとても可愛らしくて好きなフレーズです。

と、同時に大人には『お前は今、希望という名の舵をとり、舟を漕いでいるのか?』と投げかけられているようでハッとさせられます。考えすぎかもしれませんが、そんな感覚に。

f:id:affmk253:20170704155302j:image

ぼくらはみらいのたんけんたい、歌詞全体は以下。 

ぼくらはみらいのたんけんたい

あしたにむかってふねをこぐ

ぼくらはみらいのたんけんたい

きぼうというなのかじをとる

かなしいこともあるだろう

なきたいときもあるだろう

だけど いつも いつだって

いきてるってばつぐんのステキさ

ポケットにゆめをつめこんで

かがやくみらいへ さぁでかけるぞ

ぼくらはみらのたんけんたい

でごわいわるものでてきても

ぼくらはみらいのたんけんたい

ゆうきのつるぎでたたかうぞ

たのしいほしをさがすため

やさしいひとにであうため

そうさ いつも いつだって

いきてるってサイコーのふしぎさ

まちじゅうえがおあふれてる

ぼくらのじだいをさぁつくるんだ

ぼくらはみらいのたんけんたい

あしたにむかってふねをこぐ

ぼくらはみらいのたんけんたい

きぼうというなのかじをとる

ぼくらはみらいのたんけんたい オ―ッ!

※参照 http://utaten.com/lyric/小林優子/ぼくらはみらいのたんけんたい/#sort=popular_sort_asc 

www.youtube.com

ちなみに、

この『ぼくらはみらいのたんけんたい』の作詞をされたのは、及川眠子(おいかわ ねこ)さんという方で、あのエヴァンゲリオンやwinkなどの名曲を書かれた有名な方でした。

調べていたら以前、マツコのアウトデラックスにも出られていた方でした。たまたま私もその放送回を見ていたのですが

  • ”トルコ人の歳下夫と結婚〜離婚”
  • ”年収3000万切ったことない”
  • ''離婚し旦那に注いだ借金背負った”

など、

かなり強力なエピソード満載で話されていたことを思い出しました。”ぼくらはみらいのたんけんたい”の、可愛らしく希望に満ちた歌詞の世界観とはなんだか結びつかないな、と思ってしまいましたがそんなもんでしょうか?

 

おしまい